妊娠のメカニズム

patient care

妊娠をしたい時は、メカニズムを把握しておくことです。妊娠のメカニズムは、それぞれの女性によって違います。そのメカニズムを知るには、自分の排卵日を明確にすることが大切です。

Read More

排卵日検査薬

patient care

結婚をすると、子どもが欲しいと考え始めるため、子作りに励みます。しかし、励んでも子どもが出来ない事もあります。その問は、自分の体に何かしらの原因がある場合もあるのです。そこで排卵日検査薬を使用しましょう。

Read More

少子高齢化と妊娠

patient care

自分の女性器に疑問を感じた時には婦人科の形成クリニックに相談しましょう。デリケートゾーンの悩み別に解決方法も確認できます。

不妊の原因は女性側だけ

今の日本はどんどん少子高齢化が進んでいます。原因としては結婚する人が昔に比べて減ったり、また結婚しても子供を産まないや歳をとってから子供を産んだりと様々です。最近増えてきているのが子供が欲しくても子供が産めないという不妊状態です。悩んでいる人は多くいます。そんな時に言われるのが子供が産めないのは女性側に責任があるや病気を持っているからなどです。何故か女性だけ責められます。確かに子供は女性の体からしか産むことは出来ません。昔の女性はたくさん子供を産んでいました。そして家庭だけを守っていました。しかし今は社会や環境の変化によって女性の活躍する場所が家庭だけではなくなったため女性にかかる負担が増えました。そうしたことから不妊に悩む女性が増えたのだと思います。不妊の原因は女性側だけと言うのは昔の話であり今はもう違います。

男性も一緒に産婦人科へ

不妊に悩んでいる女性は産婦人科に行くことをおすすめします。体を検査することが出来てその検査結果により今後どういう治療をして妊娠出来る体にするのか先生と相談することが出来ます。そしてその時は必ず大切なのは男性も一緒に産婦人科に行って検査をすることです。男性が産婦人科に行きづらい時代ではありません。女性と一緒に行くのですから大丈夫です。また検査をすることによって不妊の原因が男性側にもある可能性があります。不妊の原因が解決されることが妊娠出来る近道なのです。将来2人の子供なのですから女性1人で産婦人科に行くのではなく2人で行ってください。そしてお互いをよく理解して2人で力を合わせて治療に励んで元気な子供を産まれることを願います。

基礎体温と検査薬

patient care

妊娠は自分の思い通りのタイミングでできるとは限りません。欲しいと思っても、受精が成功しない可能性もあります。特に生理の周期がばらばら方の場合は、自分の排卵日がつかみにくいです。そのため、おりものの状態を見る事が大切です。

Read More