排卵日検査薬

patient care

奇跡だらけの妊娠について

結婚してそろそろ子供が欲しいと考えて子作りをしているけれどもなかなか妊娠にまで至らないという夫婦は実はたくさんいるのです。その原因としては身体に何らかの原因があるのか、年齢による不妊なのか、そして意外に多いとされているのが間違った排卵日を狙ってしまっているというケースです。受精するためには排卵日がキーポイントになります。排卵日以外に精子と卵子が出会ったとしても受精する確率はゼロです。うまくタイミングを掴むためにも排卵日検査薬が重宝されるのです。使用の仕方はいたって簡単で、朝一番の尿を排卵日検査薬のスティックにかけて反応をみます。判定窓に陽性反応が出たら排卵日特有のホルモンが分泌されている証拠になるのです。

妊娠を継続することが大切

排卵日検査薬をしようしたら大体の排卵日は特定できます。夫婦生活がなかなか行えない人はこのタイミングを狙ってみましょう。少ない回数でも妊娠することが出来る可能性が高まります。本来ならば排卵日検査薬を使用してタイミングを狙うよりも夫婦に愛情があり定期的に行為をしていれば妊娠の可能性が高まるとも言われえています。その理由としては排卵日を狙わなくても精子は寿命の長いもので一週間程度生き延びると言います。ですから定期的に性行為を行っていれば精子がいつでも体内に居る状態になりますから特に排卵日を狙わなくても妊娠する可能性が高まるということです。それが理想かもしれませんが、仕事の都合などでなかなかそうはいかないものです。