基礎体温と検査薬

patient care

そろそろ子供が欲しいと思った時に

子供が欲しいと思ったタイミングで受精が成功すれば良いのですが、そう簡単にはいかないでしょう。排卵日の掴み方は生理の周期が一定な人ならば特定しやすいでしょう。まずは基礎体温を測ることから初めてください。排卵がしっかり行われているひとは基本的に体温が二層に分かれるのです。低温期と高温期があるのですが、低温期から高温期に移行するときに一瞬グッと体温が下がるときがあります。それが排卵日と言われていますからそういったデータを参考にするのも良いでしょう。それ以外にも排卵日検査薬を使用して大体の排卵日を特定させることは可能です。生理がくる大体二週間前くらいに排卵が起こると言われていますからそれくらいの時期に排卵日検査薬を使用してみましょう。

より正確に排卵日を特定させる

排卵日検査薬を使用して排卵日を特定するだけでは確実とは言えませんから、更に絞り込むためにも排卵日検査薬と同時に基礎体温をチェックするですとかおりものをチェックしておく必要があります。おりものは排卵日には伸びるおりものが出ると言われていますから、排卵日検査薬が陽性になって尚且つおりものの状態が伸びて体温がグッと下がれば排卵日が近いとみても大丈夫でしょう。 そのタイミングを狙うことが重要です。排卵日には出来ればすでに精子が体内の中にいることが必要になってきますから、排卵日当日よりも前日などにタイミングを計るとよいでしょう。精子の寿命は3日前後と言われていますから実際には排卵日を狙うよりもその前を狙った方が良いのです。